ホーム>飛行機活用術>格安航空会社活用術

格安航空会社活用術

格安航空会社の自動車旅行への活用
格安航空会社(LCCローコストキャリア)は、徹底したコストカットと料金の安さから、いまや本家の欧州では飛行機での移動は、電車、バスよりも安い移動手段となっています。

予約受付、手配回答、決済の一切をエージェントを通さずインターネット(一部電話も。但しネットより割高)とクレジットカードで行うのが格安航空会社の特徴です。

安さの秘訣は、予約方法だけに留まらず、座席の指定はできず、早く並んだ人から順に搭乗、着席することとなる。機内食や飲み物、荷物の預入、優先搭乗に至るまで有料となっていて、
「飛行機に乗って目的地に行く権利」以外の全てがオプションとなっています。
さすがに、人数分の席だけは確保されてます。そのうちに、立ち乗りとかになるかもしれませんね。

レンタカーの利用を予定している場合、片道でも利用しやすい格安航空会社を旅に組み込むことにより、広範囲に無駄のないドライブスケジュールを立てることができます。

欧州には数多くの格安航空会社がありますが、多くの日本人も利用しているが、最大手のRyanair(http://www.ryanair.com/en )とEasy Jet(http://www.easyjet.com/)の2社。
まず、RyanairとEasyjetの2社の紹介から始めましょう。

Ryanairは、1985年に設立されたヨーロッパ最大の格安航空会社。アイルランドの航空会社で、アイルランドのダブリン空港と、イギリス・スタンステッド空港(ロンドン北東48キロに位置 )がハブ空港になっています。

値段の安さを究極まで追求していて、利用する空港が主要都市から遠かったり、荷物の制限がやたら厳しかったりして使いづらい面もある典型的な格安航空会社です。ただ、欧州の格安航空会社の代表格で路線数が非常に多いのが特徴です。

一方のEasyJetは、ヨーロッパ第2位の規模を誇るイギリスの航空会社。
Ryanairのライバルですが、格安航空会社の特徴と大手航空会社の良い部分を併せ持った航空会社となっています。管理人的にはオススメです。

イギリスのロンドン北部のルートン空港(ロンドン北方約50キロに位置) がハブなのですが、近年、ロンドン第2位の空港であるガトウィック空港発着の便数を拡充させています。

Raynairと同様に格安航空会社としての特徴を持ちつつも、利用している空港は大都市に近い主要空港である場合が多い、また機内持ち込み手荷物に重量制限がない、料金表示が税・手数料込みである、など大変利用しやすくなっています。

Ryanに比べると若干高いといわれますが、Easyjetの方が格安航空会社に慣れていない方には利用しやすいと思います。

なお、British AirwaysのホームページにValue Calculatorという、Ryanair、Easyjetと大手航空会社British Airwaysの支払金額の比較というものがあります。
荷物の量によって大手航空会社を利用したほうがかえって安い場合も多いので、比較してから購入するとよいでしょう。


 関連リンク




飛行機活用術
ヨーロッパへの道
航空券の予約サイト比較
格安航空会社活用術
格安航空会社利用の長所・短所