ホーム>欧州の走り方>サービスエリアの使い方

サービスエリアの使い方-ドイツ編


 ドイツのサービスエリア 

ドイツのサービスエリアは、
①レストラン・スナック・売店・御手洗・簡易宿泊施設・給油所・駐車場が合体したラストホーフと、
②給油だけのタンクシュテレ、
③お手洗い付きの駐車場(PとWCの表示)、
④お手洗いなしの駐車だけのスペース(Pだけの表示)
などと機能別に大きく4つに分かれます。  


小さいながらも機能的。

いい天気で気持ちいい。

 
サービスエリアの定番バーガーキングです。なぜかドイツのSAはバーキン率が高いです。
天気の良い日にテラスで食べるとさぞかし美味しいでしょうね。




 
コーヒーショップも本格的です。
小さいながらもキオスクでは必要なものは大体揃っています。


 
ドイツのデリはどこも明るく気持ちがいいです。どのSAもメニューは似たり寄ったりですが美味しそうでした。
右は、こちらもサービスエリアの定番のスロットマシン。




ドイツのサービスエリアのトイレ
ドイツのサービスエリアのトイレは有料が基本です。料金は50セントのところが多いです。
ちやんとお釣りもでます。

右の写真にあるような50セント入れると、Voucherが出てきて、トイレから出たら、サービスエリア内の買い物に利用できる仕組みとなっています。
  






 関連リンク





欧州の走り方
各国の道路事情
通行料金の払い方

サービスエリアの使い方
イギリス編
フランス編
ドイツ編
イタリア編