ホーム>欧州の走り方>サービスエリアの使い方

サービスエリアの使い方-イタリア編


  イタリアのサービスエリア 

イタリア人の運転は噂通りに荒く、高速道路(アウストラーデ:Autostrade)でも中央分離帯の真ん中を走り、右に左にウインカーなしで車線変更を繰り返すドライバーが多くいます。
アウストラーデには24時間365日営業しているサービスエリア(SA)が216か所あり、下記のサイトでSAがどこにあるか事前に調べることができます。
http://www.autostrade.it/en/autostrade/servizi.do


イタリアのサービスエリアはイギリス、ドイツやフランスに比べて、やや寂れた感じのところも多く、個人的には若干入りづらい印象もありました。また、ドイツやフランスもあまり英語は通じませんが、イタリアは本当に通じないところが多く(ほぼ全て)その点でも苦労します。ガソリンスタンドではガソリンとディーゼルを間違えられないように特に注意が必要です。



普通に営業しているのですが、寂れた感じは否めませんでした。



雑然としていましたが、
非常に品数が豊富でした


併設のレストラン。イタリアらしいメニューが揃っていました。


こちらもSAです。
イタリアのSAには珍しく非常に近代的でした。




SAにはカールフールのミニスーパーも併設されており、ハムやチーズなども美味しそうでした。

フードコートやATMもありました。







 関連リンク





欧州の走り方
各国の道路事情
通行料金の払い方

サービスエリアの使い方
イギリス編
フランス編
ドイツ編
イタリア編