ホーム>国境の越え方>車での国境越え

車での国境越え


車での国境越え方


オーストリアとスイスの国境。検問所がある国境は珍しくなりました。今回は、パスポートを見せることなく通過できましたが、止められている車も中にはいました。



スイスとリヒテンシュタインの国境。両国の国旗が掲げられ一応国境であることが確認できますが。県を越えるくらいの感覚で国境を越えます。



フランスとイタリアの国境。検問所がなかったので、気づいたら国境を越えていました。いまやほとんど国境を意識することなく隣国に入れます。

 
ヨーロッパの国境越えに特別な準備は不要です。

「シェンゲン協定」と呼ばれる協定が適用される国々では、国境検査は行われず
、EUで国境検査を行っているのは協定を締結していないイギリスやアイルランドなど一部の国に限られています。なお、シェンゲン協定が適用される地域は「シェンゲン圏」と呼ばれます。

現在、シェンゲン圏は26カ国で構成されており、別にイギリスとアイルランドの2ヶ国が独自の国境管理を維持したまま協力国として参加しています。


シェンゲン協定の加盟26カ国は以下の通りです。

ベルギー、ドイツ、フランス、ルクセンブルク、 オランダ、 スペイン、ポルトガル、イタリア、 オーストリア ギリシャ、デンマーク、 フィンランド、 アイスランド、ノルウェー、スウェーデン、チェコ、エストニア、ハンガリー、リトアニア、ラトビア、マルタ、ポーランド、スロバキア、スロベニア、スイス、リヒテンシュタイン。

また、シェンゲン協定に調印したが未実施の国はキプロス、クロアチア、ブルガリア、ルーマニアとなっています。(2012〜2013年施行予定)
    

旅行者が圏内に入域、また出域する際に国境検査を受けますが、圏内で国境を越える場合にはこれまでの面倒なパスポート審査が不要になったので欧州の旅がとてもスムーズになりました。

スイスの国境では、未だにイミグレーション自体は残ってはいるのですが、パスポートを見せることなく通過できました。

シェンゲン圏内の国境では、イミグレーションの建物すら存在せず、まったく気づかないうちに隣の国に入っていることがよくあります。ある意味ヨーロッパ旅行の醍醐味が味わえる瞬間ではないかと思います。

ただし、国ごとに制限速度や交通ルールが異なっていますので隣国に入ったらその国のルールに従ってください。



次へ(ホテルサイトの最安値保証は本当か?) 次へ(ユーロトンネルでの国境越え)
   
ホテル空室検索 フェリー・ユーロトンネル時刻表検索


 ヨーロッパの国境の越え方
 自動車での越え方
車での国境越え

 ユーロトンネルでの越え方
ユーロトンネルの国境越え
ユーロトンネルとフェリーの予約

 フェリーでの越え方
フェリーでの国境越え:航路一覧
フェリーでの国境越え:会社一覧
フェリーの乗り方、過ごし方

 モトレイルでの越え方
モトトレインでの国境越え
ドイツ編
オランダ編
フランス編
オーストリア‐トルコ編

 モトレイル(カートレイン)体験記
ドイツ国鉄編
オランダ鉄道編
食堂車編