ホーム>国境の越え方>モトレイル(カートレイン)への載せ方

国境の越え方 - モトレイル(カートレイン)体験記
‐フランス国鉄編

モトレイル(カートレイン)への載せ方

フランス国鉄の場合、ドイツやオランダのモトレイル(カートレイン)が運転者も一緒に目的地まで行く「乗り方」であったのに対し、フランス国鉄の場合車だけが目的地に向かうため「乗り方」ではなく「載せ方」といえるでしょう。フランスではモトレイルはAutotrainと呼ばれます。






1.パリのAutotrainの積み込み場所はBercy(ベルシー)駅の裏手にあります。


こちらがベルシー駅の積み込み場所の入り口です。











駅の裏の駐車場で車を引き渡します。











こちらが受付になります。
車のキーを預け、預かり証を受け取ります。















係員は堪能ではありませんが英語で対応してくれます。











バイクも載せることができます。












引き渡せば終了です。ドイツやオランダのモトレイルと異なり自分で積み込む必要はありません。










ユーロトンネル/フェリー時刻予約検索


ホテル予約

Search Hotels

Check-in date

calendar

Check-out date

calendar



到着後の車の積み下ろし

さあ、ボルドーに着きました。
翌朝、車を取りに向かいます。ボルドーのAutotrainの引き渡し所は駅の裏になり徒歩では構内を通ってゆくと近いです。車で向かう場合には、かなり大回りすることになります。


Gare Auto-Trainの標識に沿って進みます。













こちらが車で来た場合の入り口です。










こちらが目印です



















事務所で預かり証を渡し車の鍵を受け取ります。
ドイツやオランダのモトレイルのように搬出まで待つ必要がないのは嬉しいです。








車がありました。











車はハンドルやシートがカバーで覆われおり、非常に運搬に気を使っているのが感じられます。









前へ(フランスのモトレイルの予約方法) 次へ(オーストリア‐トルコ編(Optima Tours)