ホーム>国境の越え方>モトトレインでの越え‐食堂車編

国境の越え方 - 食堂車の楽しみ方

オランダ鉄道編

オランダ鉄道の食堂車は、ドイツ国鉄(DB)の食堂車に比べ、エレガントな雰囲気が漂っています。
とはいえ、それほど堅苦しくない雰囲気ですので、子供連れでもディナーを楽しむことができます。
オランダ鉄道の運賃はDBに比べ高いものの、夕食と朝食が含まれています(朝食はDBも付いています)。

夕食・朝食ともコンパートメントまで運んできてくれますが、追加で35ユーロ(2012年)を払うと食堂車での3コースのディナーを楽しむことができます。

肉・魚・ベジタリアンの3つから選べ、非常にレベルの高いお食事を楽しむことができます。


テーブルセッティングもDBとは一味違う感じです。


前菜はチキンとサーモンから選べました。サーモンも美味しかったですが、チキンはさらに上を行くお味でした。


 サーモン


 チキン


メインディッシュは、魚か豚肉、そしてベジタリアンの3種類から選べました。お子様メニューもあります。どれも大変美味しかったです。


 こちらはお魚です。


 お肉です。


 お子様メニューのミートボールです。こちらは普通でした


 最後にデザートです。ここまで来るとかなり満腹です。

オランダ鉄道の朝食
運賃に含まれており、温かい飲み物とともに車掌さんが運んできてくれます。

 


前へ(食堂車の楽しみ方) 次へ(ワイン街道を巡る旅)