ホーム>国境の越え方>モトトレインでの越え方

モトレイル(カートレイン)での国境の越え方


モトレイル(Motorail)は、車両運搬車と寝台車が一緒になった列車で、自動車やバイクも載せることができます。ヨーロッパでは、避暑(避寒)地への自動車を使った移動や、多くのオートバイ愛好家に利用されてきましたが、近年は環境保護の観点からもモトレイルの役割が見直されています。
現在、モトレイルは、ヨーロッパではドイツ、オランダ、フランス、オーストリア、スイス国内などで運行されています。


日本でも1985年からカートレインの名称を用いて、各地で運行されていたのですが、残念ならが現在は全て運行が停止しています。そのため、日本ではモトレイルというよりカートレインの名称が馴染み深かいのではないでしょうか。


一般的なモトレイルは、3段ベットのいわゆるクシェットと呼ばれる簡易寝台(ブルートレインのB寝台のイメージ)がほとんどですが、ドイツ国鉄などは、独立した洗面台・トイレ、シャワーまで完備した豪華な寝台車が連結されている列車もあります。


また、長距離列車には食堂車やバーが併設されていることがよくあります。良心的な料金に比べ、味のレベルが高く旅情を一層引き立ててくれることでしょう。


モトレイルを利用する利点としては、
1)運転者の身体的疲労の緩和
2)お金(宿泊代とガソリン代)の両方の節約が可能
3)寝ている間に距離を移動でき、時間の節約ができる
4)自動車旅行と鉄道旅行の両方を味わうことができる
5)ワインなど嵩張るお土産も車に積み込んだまま運ぶことができる
などあげられます。

以下、ドイツ、 オランダ、フランス、オーストリアから出発するモトレイル(カートレイン)をみてゆきましょう。



 関連リンク




 ヨーロッパの国境の越え方
 自動車での越え方
車での国境越え

 ユーロトンネルでの越え方
ユーロトンネルの国境越え
ユーロトンネルとフェリーの予約

 フェリーでの越え方
フェリーでの国境越え:航路一覧
フェリーでの国境越え:会社一覧
フェリーの乗り方、過ごし方

 モトレイルでの越え方
モトトレインでの国境越え
ドイツ編
オランダ編
フランス編
オーストリア‐トルコ編

 モトレイル(カートレイン)体験記
ドイツ国鉄編
オランダ鉄道編
食堂車編