ホーム>ヨーロッパのドライブ>アルザスワイン街道の村々

アルザスワイン街道の村々


今回は、ワイン街道沿いのAndlau(アンドー)という村に宿を取り、北はObernai(オベルネ)、南はColmar(コールマール)まで町や村に寄り道しながらドライブしました。

グーグルマップにワイン街道及び今回訪れた街を埋め込んでみました。
訪れた街を北から順にご紹介してゆきます。



より大きな地図で アルザスワイン街道 を表示
青印は訪れた場所





 Obernai(オベルネ)

城壁に囲まれ中世の雰囲気を感じる美しい小さな街です。13世紀に作られた鐘塔や16世紀の穀物取引所などの歴史的建造物がそのまま残り、木骨組みの家々を活用したカフェやレストランなども街の中にうまく溶け込んでいます。
コールマールほど大きな街ではない分、落ち着いて街歩きができます。



鐘塔は、オベルネの街の最も象徴的な建造物です。
アルザスワイン街道のどの村や町にも言えますが、美味しそうなケーキ屋さんが非常に多くあります。








石畳の狭い袋小路を抜けると、そこにはお洒落なカフェやレストラン、小さい広場があったりします。
これぞ街歩きの醍醐味です。
右の写真はサン・ピエール・エ・ポール教会でアルザスで二番目の大きさを誇ります。



移動メリーゴーランドが妙に街に溶け込んでいます。




ワインを求めGertwillerへ向かいます。Gertwillerには田舎には珍しい大型スーパー(Super U)があるので、買い出しに便利です。ガソリンスタンドも併設されています。



 Gertwiller(ゲルトヴィラー)

Gertwillerは、ワインだけでなく、パン・デピス(Pain d'Epices)が有名な村です。
パン・デピスとはハチミツ、スパイス、フルーツの砂糖漬けを加えて焼いたジンジャーブレッドのようなものです。





お菓子可愛らしいパン・デピス(Pain d'Epices de Dijon)のお店のLips。有名なパン・デピスだけでなく、クッキーやアルザスのお土産がありました。Lipsのホームページ(http://www.paindepices-lips.com/)がありました。



ぶたさんの形やハート形など
色々な形のものがあります
(Lipsのホームページより)

今回GertwillerでTastingした訪れたワインセラーの入り口。




 Andlau(アンドー)

今回宿泊したホテルのあるワイン街道沿いの人口2000人弱の小さな村です。
周囲をワイン畑に囲まれ、木骨組の家々や小さなホテル、レストランがかわいらしいアルザスの典型的な村といった風情でした。
ホテルの近くには小さいながらもスーパー(COOP)があるので、お酒やちょっとした日用雑貨の調達も可能です。





村を見下ろすようにグラン・クリュ(特級畑)のブドウ畑が広がっています。
クマもブドウを頬張っています。




ホテルの部屋から遠くに教会が見えました。

Andau(アンドー)からRibeauville(リボーヴィレ)へブドウ畑の中を進みます。




Ribeauville(リボーヴィレ)

リボーヴィレは、人口は5000人弱の街で、周りをグラン・クリュ(特級畑)のブドウ畑で囲まれたワインの街です。毎年9月第一日曜日にFete des Menetriers(笛吹きの祭り)と呼ばれる仮装パレードが行われます。


左は、肉屋の塔と呼ばれる建物です。畜殺場や肉切り台が近くにあったことから名前が付いたみたいです。。
右はリボーヴィレの大通り。美しい木骨組みの建物が立ち並び、多くの観光客で賑わっていました。




笛吹きの像が店先にありました。。  




Riquewihr(リクヴィール)
「ぶどう畑の中の真珠」と呼ばれるリクヴィールは、「フランスでもっとも美しい村」リストにも記載されてるほど美しい村です。中世の家並みが残る大通りにはレストランやお土産物屋さんが多く、小さい村ながら多くの観光客で賑わっています。特にベストシーズンである夏とクリスマスシーズンと特に混み合います。







左はドルデーの塔と呼ばれる見張り塔です。正面は、美しい木組みになっていますが、反対側は地味な作りになっています。
右、アルザスの家々は可愛らしい看板が多いです。こういう看板を見るたびにドイツの影響を強く受けていたことを感じます。




アルザスの家はその側に張り出しているものが多いのですが、昔、地面に接している面積で税金を課されていたことによるそうです。




ケーキ屋さんではなく石鹸屋さんでした。



 Colmar(コルマール)
アルザス地方の中心地であるコルマールは、戦争の被害も少なく、アルザス観光の中心となっています。これまでご紹介したワイン街道の街と同様に木骨組みの建築が多くみられ、中世の美しい建物が数多く残されています。


美しい街なのですが、ワイン街道の小さな可愛らしい村々を訪れた後だった為、正直なところ感動はそれほどなかったです。


旧市街地の中心にあるサン・マルタン教会。


 関連リンク




 アルザスワイン街道
ワイン街道を巡る旅
ワイン街道の村々
アルザスワインの種類
アルザスワインセラー巡り