ホーム>ヨーロッパのドライブ>アルザスワインの種類

アルザスワインの種類


アルザスワインの種類

アルザスは、ボルドーやブルゴーニュと並ぶフランス有数のブドウの産地で、夏の気温が高く、雨が少なく乾燥した気候はぶどう作りに適しており、フランスの白ワインのうち20%がアルザスで作られています。

アルザスワインはドイツの影響を多分に受けており、甘口な白ワインが多く、またフリュートという緑色の長細い瓶が特徴的です。また、フランスの他の産地ではワインの作られる土地や村などの名前がワインの名前となるのに対し、アルザスワインは、ラベルにぶどうの品種名の表示が義務付けられており、ラベルに書かれた品種の特徴を知っていれば、ワインの風味をおおよそ把握することができます。

白ワインの原料となるリースリング種を始め、ゲヴェルツトラミネール種、シルヴァネール種、ピノ・グリ種などの他、赤ワインの元となるピノノワール種も一部で栽培されています。



リースリング

リースリングは、ドイツ原産の最も高貴な白ブドウ品種の一つとされています。気品のある素晴らしい香りと繊細な風味が特徴です。リースリングがワインとしての魅力を最大限発揮するための条件は、冷涼な気候と粘土混じりの砂地の痩せた土壌です。この条件を満たしているのがドイツとアルザスであり、それゆえリースリング=ドイツ・アルザスというイメージにつながっているのでしょう。アルザス地方のぶどう畑の2割以上がリースリングとなっています。魚介類、甲殻類、鶏肉などとの相性が抜群です。


 ゲヴュルツトラミネール

ゲヴュルツトラミネールの特徴は、独特な香りにあります。
因みに、ゲヴュルツとは「スパイス」を意味しており、果物でいうとライチに例えられることが多いです。
ゲヴュルツトラミネールもリースリングと同様、産地がかなり限られます。病気にも弱いデリケートな一面があります。チーズ、フォワグラなど香りや風味が強い料理やスパイスとよく合います。


 シルヴァネール

シルヴァネールの起源はオースリアにあり18世紀から栽培されるアルザスの伝統的な品種です。
フレッシュで軽く繊細な味わいで魚介類、ハム・ソーセージとも合います。
爽やかな飲み口のため夏によく合うワインです。



ピノ・グリ

原産地はブルゴーニュで、ピノ・ノワールの突然変異種といわれています。
赤茶色の果実を実らせますが、白ワイン品種です。
ピノ・ノワール同様、冷涼な気候、重い土壌を好みます。
コクのあるピノ・グリは、赤ワインにあうような重めな料理と合います。


ミュスカ

ミュスカは、軽めの辛口ワインで爽やかな酸味が特徴です。 アルザスでの栽培面積は全体の数パーセント程です。アルザスのミュスカは食前酒に適しています。また、生ハムともよく合います。


ピノ・ブラン

アルザスではクレヴネールとも呼ばれ、 ピノ・ノワールから変異したピノ・ノワールの白品種です。
控えめの香りを持ち、 調和のとれたキレのある味わいが特徴。

ピノ・ブランは、魚、白身の肉、鶏肉、卵料理などによく合います。


 ピノノワール

ピノ・ノワールは、ブルゴーニュに起源を持ち白ワインが主流のアルザスで唯一の赤ワインの品種です。主には、軽く果実味豊かなワインの醸造に使われますが、いわゆる昔の伝統をよみがえらせるような赤ワインの醸造にも、次第に使われるようになっています。ピノ・ノワールは冷涼な気候を好み、また非常に繊細な品種であるため、栽培にも醸造にも大変手のかかる品種といわれています。
ピノ・ノワールは赤みの肉だけでなく、白身の肉や鶏肉、魚、チーズなどあらゆる料理に合います。


 関連リンク





 アルザスワイン街道
ワイン街道を巡る旅
ワイン街道の村々
アルザスワインの種類
アルザスワインセラー巡り